忍者ブログ

つりビットを武道館公演まで見守るブログ(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)

つりビット(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)をその一つの目標である武道館公演まで見守るという視点で書いて行くブログです。 管理人は在宅としては『バニラな空』から、現場レベル(リリイベ)では『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』までの約1年間本格参加。その後は定期公演とライブ中心にスタンスを変更。インターネットを通じて、つりビットが新規ファンを釣り上げ、武道館公演をいち早く実現できるお手伝いができたら良いなと思って立ち上げたブログ。2017年4月以降は更新休止も現場にはそれなりに通い続けている。


2017年11月29日(水)つりビット&ハコイリ♡ムスメ 出演 ASCII アイドル倶楽部定期公演vol.7@AKIBAカルチャーズ劇場


 
 

●久々のカルチャーズ

つりビットとしては3月のさく生誕以来(あゆ生誕は欠席)、その他としては6月にハコムスでribbon&Qlairとチェキッ娘の特集を見に来て以来。

サーバートラブルで予約の入金情報がなかなか反映されないとかあったけれど、とりあえず一般の116番で入場。

5列目のさくポジで鑑賞した。
 
 

●オープニング

オープニングでハコムスとつりビットメンバーが登場して挨拶。

仕切りはあゆたん(小西杏優)とぽにょ(我妻桃実)。
 
 

●ハコイリ♡ムスメステージ

ハコムスの本日の参加メンバーは我妻桃実、吉田万葉、井上姫月、寺島和花、塩野虹の5名。

6月に2度見ているメンバーも多いので、顔と名前はあまり一致しないけれど、顔見知りという感じ。

M01『少女時代(斉藤由貴)』
MC
M02『夢見るヴァイオリン(Qlair)』
M03『水平線でつかまえて(三浦理恵子)』
MC
M04『犯人はあなたです(フリフリアイドリング!!!)』
M05『Afterschool 4 o'clock(ribbon)』
MC
M06『星降る夜の招待状(ハコムス)』

三浦理恵子の『水平線でつかまえて』はずっと聴きたかった楽曲。

そして歌い出しも声に特徴のある塩野虹cとか、前半一番高まったのはここ。

ちなみに吉田万葉cも可愛いけれど、好みで言えば塩野虹cかなと。ま、ちょっと世代的に若くて本格的に入っては行けないけれど...(自主規制)

ただ、感じたのはハコムスのメンバーは丁寧に歌っている印象。

「激しいパフォーマンスがないからできる」という点はもちろんあると思うけれど、見ているだけで丁寧に歌っていると思えたので、それは本当に丁寧に歌っているのだと思う。
 
 

●トークステージ

ここで表の物販でも売られてる超高級品(8万円)のハイレゾプレイヤーの紹介。

つりビットからは仕切り役のあゆたんと開運音楽堂でハイレゾについて知識の深いはずのちゃんあやが登場。

開運音楽堂にも出演のオーディオビジュアル系ライター野村ケンジ氏が登場してハイレゾについての説明など。

途中、ハイレゾについて説明を求められたちゃんあやが、予想通り「音楽がよく聴けるやつ~」的な回答をするとかw

今回、購入者にはつりビットとハコムスの10人との全ショとサインの特典があるとのこと。

さすがに高いよな~と思ったものの、どうやら3人が購入されたようで...
 
 

●つりビットステージ

つりビットはいつも通りの盛り上がるステージとセトリで。

M01『踊ろよ、フィッシュ』
M02『レモン海岸』
MC
M03『裸足のマーメイド』※スマホ撮影可
M04『ニガシタサカナハオオキイゾ』
M05『ウロコ雲とオリオン座』
MC
M06『1010〜とと〜』

『裸足のマーメイド』はスマホ撮影可ということだったけれど、さすがに5列目ではイマイチだった。上手く撮られている方の写真を掲載。

あやさくみずきなつあゆ 
 
印象から言うと、ちゃんあやが可愛いかった。安定のってやつ。

あとなつのストレートが良くて、みーちゃんのおさげも良くて、すっかりDD箱推しモード。
 
 

●つりビットステージ

エンディングトークはまた10人で。

ぽにょの上手過ぎる感想に、つりビット側は「何も言えない」状態から、雰囲気でみーちゃんが言うことになって、話し始めたら話し始めたで「またそこ被せる~」とか突っ込まれて爆笑とか。
 
 

●特典会

なつ→「ストレートが今日もいいね!」「気づいたら結構長くなってて」みたいな話。ちょっと咳をしてるのが気になった。
さく→「前髪切ったね。あとこないだの生誕の切った日の写真が凄く良かった」
あや→「ハイレゾって何ですか?」「えーとー、音楽が~w。全然成長してないね~」みたいな会話。なんか先日の生誕で書いた手紙が少し効果あったのか、最近多かった妙なハイテンションでどうでも良い話をするモードではなく、以前と同じような雰囲気で会話ができた。
みずき→「おさげ可愛いね」「出演メンバーみんな若いから」「みーちゃんの可愛いよ。あっでも身長が一番低いって話が...」「キャー」みたいな感じのやりとり。
あゆ→「今日はMC大活躍だったね」みたいな話。

チェキはさくとハコムスポーズで。



そうそう、ふと思ったことなんだけど、さくって空気を作るのが上手いなって思った。

たった30秒とかの短い時間なんだけど、その時間をあたかも「二人だけでデートしている」かのような時間に変えてしまう魔法が使えるような...

今まで深く考えてなかったけれど、実はそういうところがさくの良いところなのかなーと思ったのでここに記述。
 
 

●感想

ステージの方は曲数はさほど多くなかったけれど、見たかった『水平線でつかまえて』が見られたり、つりビット側も楽しいセトリだったり。

メンバーもみんな可愛かったし(ハコムスも)、特典会も楽しく過ごせたし、帰りは随分遅くなってしまって疲れたけれど、楽しい公演だった。
PR

コメント

最新記事

(03/12)
(03/12)
(03/11)
(12/29)
(12/25)
(12/21)
(12/18)
(12/11)
(11/30)
(11/26)
(11/24)
(11/21)
(11/16)
(11/10)
(11/08)
(11/08)
(10/03)
(10/01)
(09/28)
(09/21)

プロフィール

HN:
せいじ
性別:
男性
自己紹介:
つりビット歴は在宅を含めると約2年半(『バニラな空』から)、現場歴は1年(『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』まで)。
アイドル(現場)歴はチェキッ娘(2000年)→48G(2010~2012年)→つりビット(2015年~)

Twitter(@p_chinfo)

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログ内検索

忍者カウンター