忍者ブログ

つりビットを武道館公演まで見守るブログ(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)

つりビット(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)をその一つの目標である武道館公演まで見守るという視点で書いて行くブログです。 管理人は在宅としては『バニラな空』から、現場レベル(リリイベ)では『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』までの約1年間本格参加。その後は定期公演とライブ中心にスタンスを変更。インターネットを通じて、つりビットが新規ファンを釣り上げ、武道館公演をいち早く実現できるお手伝いができたら良いなと思って立ち上げたブログ。2017年4月以降は更新休止も現場にはそれなりに通い続けている。


【追加レポと書き足りなかったことまとめ】つりビット『ウロコ雲とオリオン座』リリイベ@モザイクモール港北


 
 
つりビット『ウロコ雲とオリオン座』リリイベ@モザイクモール港北 第1部
http://tsuribit.blog.shinobi.jp/Entry/111/

つりビット『ウロコ雲とオリオン座』リリイベ@モザイクモール港北 第2部
http://tsuribit.blog.shinobi.jp/Entry/112/


現場でさっと書き上げたレポートだったので、何となく書き足りなかったことを幾つか。


●イベント会場

キャパは200人くらい?
ある意味普通のライブ会場としても使えるところ。
段差もあって結構後ろまで見やすいのと、最前も最前で近くてかなり良い。
このあたりは運営さんの配慮もあるのだろうけれど。
あとはインストアイベントのような音が外に流れる感じではなくて、密閉されていて声援が響くみたいなところもあってより盛り上がった。
唯一の弱点はライブの熱気に空調が追い付いてないこと。
とても暑かったし、餃子さんも「これでもMAXだったんですけどねー」と言っていた。

●ライブ

そんなこともあってか、それよりもきっと最前だったからだと思うけれど、メンバーが近くて、自分の中では久しぶりにライブで高まる感覚を思い出した。
恐らく前日の横浜ビブレでいろいろと自分の中で理由なく蓄積されていたモヤモヤがクリアになったので、そんな気分的な問題もあったのかな?
ステージも普通の大きさで、メンバーたちも全力を出し切れる感じだったと思う。
メンバーも声援に後押しされた感じでパフォーマンスの質も直近のリリイベでは一番良かったようにも思う。

●メンバー(みーちゃん)

みーちゃん推しの方と何人かお話した。
やっぱり人気の根強さを感じたし、きっと私の思ってる「みーちゃんといると落ち着く」と同じ感覚の人って多いんじゃないかなと思ったり。
自分の中で、いろんなメンバーには行くけれど、最後はみーちゃんと思ってるというか、6ショット撮ってみんなにサインもらうとかは自分の中には特になくて、みーちゃんにサインしてもらおうとか、そんな感覚。
15歳くらいのメンバーにしか見られない例の「フィフティーンマジック」を感じようと思うと、他の4人のメンバーに行くしかないんだけど、それはそれ、「自分本来の18歳前後のメンバーを推すことが多い」傾向はみーちゃんが満たしてくれている。
そこが自分がつりビットを応援している大きな要因かなと思ったり。
いつも書いているけれど、みーちゃんオンリーじゃないってところは、初期の応援スタイルと変わってはいるけれど、そんなスタンスってことで。

●メンバー(なつ)

何となく疎遠になっていたなつと昨日は一番最初にチェキが撮りたくて。
ステージで0ズレになったとか、そんなことも理由の一つだったりはしたけれど、そんな自分の行動にちょっと驚かれた感じ?
でも、驚かれたとかもあるけれど、きっと自分の中でのベースとなるつりビットモチベーションが少し下がると推せる人数が減ってしまって、逆に言うと昨日みたいにライブでモチベーションが最高潮になると全員推せてしまうみたいな、そんな傾向を自分の中に感じた。
決してモチベーションが本当に下がっていたわけではないとは思うのだけれど、リリイベ疲れもあったり、年末で多忙だったり、そういう他の要素もあいまってちょっと疎遠になってしまっていたということで。

●メンバー(あや)

彼女の白衣装はやっぱり可愛い。
特に私服と比べてしまうと(ごめん)
サンタのツインテールもしずかちゃんを更に可愛くしたみたいな感じで可愛かった。
本人は可愛いと言われると無口になるみたいなので・・・ま、でもそれでもめげずに言い続けることが大事。
センターでパフォーマンスを見たけれど、釣り銭の時の悩んでる感じがもう思い出せないほどの覚醒ぶりで、本当に良かった。
そして釣り銭もセットリストに入ったので、そんな白衣装でパフォーマンスや表情も良くなった彼女の釣り銭が見られて良かった。
今回のリリイベでの最大の収穫は彼女かなぁと思っている。
きっとMVPを選ぶとしたらちゃんあやだね。

●メンバー(あゆ)

トナカイのあゆたんはもう無双。
もちろんおだんごで可愛いとかあるんだけど、あの衣装の胴長感?みたいなのがかえって彼女のパフォーマンスを惹き立ててたような感じが個人的にはした。
チェキも撮ったけど、まぁ可愛いのなんのって。
そんなのわかってたけど、やっぱり可愛かった。

●メンバー(さく)

さくもね、なつと同じで全体モチベーションの影響でブームが来てなかったんだけど、Go! Go!! Fishingも見られたし、久々にパフォーマンスでも頑張ってる感のさくが見られた気がしている。
チェキでも前みたいに直視できないとか、そういうのもなくて、普通に気さくに話せる感じで、可愛い女友達がいるみたいな感覚かなー。
きっともっともっと沢山話をする機会があったらより仲良くなれるのかなぁというようなイメージはしてるんだけど、先は急がない方向で。

●6ショットチェキ

自分の中では初の6ショットチェキに参加。
2ショットでポーズがほとんど考えられない自分にはそれがプレッシャーでもあったりするんだけれど、最近はメンバーもそれがわかっていろいろと考えてくれたり、そこは甘えてしまっている。
6ショットについても同様の悩みがあったんだけれど、そこはみーちゃんに相談して「自由でってすると結構面白いのが撮れるよ」とのアドバイスが大当たりで、さくちんのシェーとか、楽しい写真が撮れた。
楽しいライブを2回も最前で見て、全員との2ショットも2回撮って、最後に6ショット。
自分の中でも一番納得できる形で初の6ショットが迎えられて本当に良かった。
この日がリリース週最終日だと言っても良いくらいのそんな6ショットであった。

●メッセージ書き書き会

チェキは手紙に同封する私にとって基本需要がない会だったのだけれど、今回の6ショットは自分の中で宝物にして取っておきたかったので、みーちゃんにサインを書いてもらうことにした。
1分で上手く書き上げてもらった。
このチェキは記念に取っておきます。

●地元リリイベを終えて

私以上に積んでいる人にとってはたいした枚数ではないのだろうけれど、純粋な当日購入、あるいは予約のリリイベでは自分の中ではいちばん多い枚数だった。
重要な日だったという意識もあるけれど、地元だったのでいつもの倍か数倍頑張ろうかなと。
次のリリイベもこの会場を使って欲しいなという思いもあったので。
メンバーやファンは遠いところまで大変だったと思うけれど、暑さを除けば良い会場だったし、次回も希望をいたします。


PR

コメント

最新記事

(05/27)
(03/12)
(03/12)
(03/11)
(12/29)
(12/25)
(12/21)
(12/18)
(12/11)
(11/30)
(11/26)
(11/24)
(11/21)
(11/16)
(11/10)
(11/08)
(11/08)
(10/03)
(10/01)
(09/28)

プロフィール

HN:
せいじ
性別:
男性
自己紹介:
つりビット歴は在宅を含めると約2年半(『バニラな空』から)、現場歴は1年(『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』まで)。
アイドル(現場)歴はチェキッ娘(2000年)→48G(2010~2012年)→つりビット(2015年~)

Twitter(@p_chinfo)

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

忍者カウンター