忍者ブログ

つりビットを武道館公演まで見守るブログ(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)

つりビット(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)をその一つの目標である武道館公演まで見守るという視点で書いて行くブログです。 管理人は在宅としては『バニラな空』から、現場レベル(リリイベ)では『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』までの約1年間本格参加。その後は定期公演とライブ中心にスタンスを変更。インターネットを通じて、つりビットが新規ファンを釣り上げ、武道館公演をいち早く実現できるお手伝いができたら良いなと思って立ち上げたブログ。2017年4月以降は更新休止も現場にはそれなりに通い続けている。


渋谷リリイべ/あゆたんとみーちゃんと新たな目標に向けて

前に自分のツイートで、インバウンド(訪日外国人観光客需要)に乗っかってつりビットが武道館に行けないかなとつぶやいたことがあるが、今日のリリイべではいつになくインバウンドだった。

いやまぁ観光客ではなく恐らく日本に住んでいる外人さんなんだろうけど。

にしてもこんなに国際色豊かだっけ?って感じのちょっと今までになかったパターン。


ということで横浜ほど近くない渋谷なので仕事終りで向かっても相応に遅くなって到着。

今日は上手6~7列目で鑑賞。

たまにはこういう離れたところから見るのも悪くない。


今日はさすがに昨日の横浜がアットホームすぎた感じで、結構な人数が集まった。

恐らく昨日の倍近くはいたかと。


ステージは『釣り銭はいらねぇぜ』『裸足のマーメイド』『レモン海岸』『スタートダッシュ』『真夏の天体観測』で進行。

今日はちゃんあや以外はきちんと目の前に来たのでパフォーマンスを相応に見られた。

昨日酷評してしまったあゆたんは、結局体調不良だったってことでOKかな?

今日は普通に戻ってた。

ただ、前から見ていると、彼女の恐らく一番の問題は「客席への怖さ」があるんじゃないかってこと。

前に客席をもっと釣るべきだと主張したことがあったけれど、あゆたんはそういう感じではなくて、でも何と言うのかな?客席と自分との間にある種の壁みたいなものを作ってしまっているがために、客席に思い切ってアピールしていないというか、そういうところを感じた。

もちろん、これはあゆたんのポテンシャルが高いことと、伸びしろに期待しているからここまで言うのであって、普通に見たら可愛いツインテールのアイドルが踊ってるだけで十分なんだけど、みーちゃんが元気いっぱいに踊っていて、そこにあゆたんのレベルの高いパフォーマンスが加わるとその2人だけでステージがかなり締まって見えるようになるので、わざわざそういうことを書いているのである。

結構あゆたんが目の前に来たので、今日のステージの感想はそんなところかな。


握手会はいつもどおりスルーして、チェキ会へ。

昨日の横浜で大きく進展したみーちゃんとのやり取り。

私自身としては、つりビットに関しては推し決めに数週間かけるなど、ずいぶんとまどろっこしいプロセスを取って慎重にやってきただけあって、昨日の展開はあまりに急すぎて、嬉しい気持ちながらも少し戸惑ったりもしていた。

もう少し言えば、恋人との関係にたとえると「何となく勢いで急展開してしまったけれど、それに2人がお互いを知る時間がついて来てない感じ」かな。

こういう感覚はかつての推しの子との関係の中でも記憶があって、急展開した後の反動もあったりして、時として「この子を推していて大丈夫なのか?」みたいな意味のない不安が過ぎったりするような、結局こういうのは時間が解決するのだけれど、みーちゃんとの関係もしばらくはそういう手探りのところを経ないといけないのかなという、そんなステージに来ている気がする。

もっと言えば、昨日の横浜でみーちゃんがいろいろと予習をしてきて私に対応をしてくれた、そのことに今度は私が応える番になっていて、そこをクリアするとまた少し違った風景が見られるのかなと。

ごめんなさい、具体的に書いているつもりだけれど、わかる方にしかわからないかも知れない。

でも、推しとの関係構築というのはそういうものだと思うので、今後、この感覚に近いことがあった時はこれを読み返していただければと思う。


サイン会では「シングルが売れるといいね」という少しビジネスチックなことを振ってみる。

少し返答に困った感じで「頑張ります」という反応だったので、デイリー16位だったことを伝えた。

単なるファンとして触れて良い話題だったのかわからないけれど、メンバーたちはそれなりにプレッシャーの中で取り組んでいて、みーちゃんはリーダーとしての重責を担っているというところを垣間見た気がした。

私はもちろん可愛いとかパフォーマンスとか色々なアイドルとしての要素をつりビットで楽しみたいという部分はあるけれど、目標は武道館と決めているので、そのために売り上げ数字とか、知名度とか、拡販とか、そういう部分にもきちんと目を向けて行きたいと思っている。

単なる一ファンが差し出がましいとは思うけれど、ビジネスパーソンとしての一面も応援要素に入れながら、プロジェクトを推して行く方向で取り組んで行ければと思っている。


イベントはさくちんが2日連続の欠席。

人気メンのさくちんがいなくて大丈夫かな?と思いつつも、ステージは4人でもちゃんとつりビットになっていた。

特典会はあのさくちん一極集中がない分、ある程度均等化している感じもしたが、ちゃんあや人気は根強く、結構みーちゃんが引っ張りだこな感じだった印象。

つりビットは全体として総合力を上げてきているので、「人気メンがいる時といない時とで全然違うね」みたいなことがないところはやっぱり経験値がそれを支えている気がするし、そういう意味で安心して見ていられるところが良いし、それはリーダーであるみーちゃんが居るからという部分も大きいと個人的には思っている。

逆に言うと、みーちゃんが欠席だったらどうなのか?という想像をしてみると、個人的には推しがいなくて寂しいけれど、そういう時はそういう時でまた違ったつりビットが見れるような気がする。


さていろいろ書いたけれど、久々に足を運んだタワレコ渋谷店は移転20周年とか書いてあったので、私が高校生の時によく来ていた渋谷店の記憶は今の建物ではなく、恐らくもう少し駅から離れたところにあったビルだったと思う。

もう少し原宿方面に歩いていくと、今はもうない48G栄のショップの東京支店の場所があったり、あーここの発着で応援バスツアーに行ったなとか、そんなことも思い出した渋谷の夜であった。

明日は池袋。

時間が早いけれど、何とかする方向で頑張ります。
PR

コメント

最新記事

(05/27)
(03/12)
(03/12)
(03/11)
(12/29)
(12/25)
(12/21)
(12/18)
(12/11)
(11/30)
(11/26)
(11/24)
(11/21)
(11/16)
(11/10)
(11/08)
(11/08)
(10/03)
(10/01)
(09/28)

プロフィール

HN:
せいじ
性別:
男性
自己紹介:
つりビット歴は在宅を含めると約2年半(『バニラな空』から)、現場歴は1年(『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』まで)。
アイドル(現場)歴はチェキッ娘(2000年)→48G(2010~2012年)→つりビット(2015年~)

Twitter(@p_chinfo)

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

忍者カウンター