忍者ブログ

つりビットを武道館公演まで見守るブログ(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)

つりビット(聞間彩/竹内夏紀/安藤咲桜/小西杏優/長谷川瑞)をその一つの目標である武道館公演まで見守るという視点で書いて行くブログです。 管理人は在宅としては『バニラな空』から、現場レベル(リリイベ)では『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』までの約1年間本格参加。その後は定期公演とライブ中心にスタンスを変更。インターネットを通じて、つりビットが新規ファンを釣り上げ、武道館公演をいち早く実現できるお手伝いができたら良いなと思って立ち上げたブログ。2017年4月以降は更新休止も現場にはそれなりに通い続けている。


【レポート】2/21(日)つりビット出演「IDOL Pop’n Party vol.1」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【レポート】2/21(日)つりビット出演「IDOL Pop’n Party vol.1」


主催者不明、目的不明のイベントだったが、とりあえず1000円という安さと、メンバーに渡したい預かりものがあったので、半蔵門のTOKYO FM HALLへ。

そうそう、半蔵門と言えば最初の就職先での出向先の某金融機関の計算センターに勤務していたことがあり、その近く。

当時は自宅から自転車でここまで通っていた。
 
 
到着は14:15頃。

始発組もいたようでちょっと焦ってはいたが、この時間で整理券は38番だった。

とは言え15:00過ぎると結構人が集まり始めた。

その途中でつりビットメンバーの入りを遠目に確認。
 
 
●入場

入場整理、チケット販売、ドリンク出し、CD販売など初めての仕切りだったりで慣れてない部分もあったものの、素人がやっている感じはなかった。

入場して3列目センターに着席。

今日はちゃんあやを見たかったので。

そして、とりあえずCDを1枚購入して握手券をGET。

途中アナウンスが2回入るも、全然聞こえない。

BGMも弱くて「おいおいPA大丈夫か?」と思ったが、開演寸前に音響は普通になった。
 
 
●ノンシュガー

初見。

48グループで言うところの研究生公演を見てる感じ?

楽曲はどうかなー、ありがちなアイドルソングをコンセプトなく並べてる感じ?

ある方が「安易に参入してきたアイドルの典型」とおっしゃっていたが、厳しく言うとそんな感じ。

日曜朝練アイドルだそうな...

フレッシュさはあった。

それはある意味初期だから許される感。

ツインテールの子が永尾まりやに見えた。

曲はPAのせいかボーカルのマイク乗りが悪くてよくわからなかった。
 
 
●sora tob sakana

初見。

楽曲のクオリティー高い。

ダンスナンバーという感じではないけれど、AKB48の『エンドロール』っぽい楽曲が多い感じ。

パフォーマンスもきちっと揃っていて好感が持てる。

ただ、並びの時に別の人が「sora tob sakanaは曲が難しいからなぁ...」と言っていたまさにその通りと感じた。

つりビットと比べるしかない自分だが「FISH♪ FISH♪ FISH ISLANDへ~」っていう歌詞とメロディの方が初心者にはわかりやすい。

楽曲も良いに越したことはないが、聞いている側がきちんとついて来られることも重要な要素と感じた。

見てて思ったのは楽器を持たないガールズバンド的な感じ?

それかきゃりーぱみゅぱみゅが先頭に立ってそのバックにいるとしっくり来るみたいな?

パフォーマンスがしっかりしているし、可愛い子も多いのに自分の中では不完全燃焼な感じだった。

ツインテールの子はSKE48の木本花音っぽい感じ?中学3年生。
 
 
●さんみゅー

FM-FIJIの対バンで遠目に見た記憶はあるが、まともに見るのは初。

sora tob sakanaと被る白衣装。

この時点では、つりビットもオリオン座衣装だと白被りまくりだなと思っていた。

個人的な見た目の好みだけで言うと、6人いて多少気になる子がいるなぁという程度。

きっとそのあたりの相性もあるんだなぁとは思った。

そうこうしていると、デビューシングルとして岡田有希子の『くちびるNetwork』が歌われる。

いやー、この曲は...岡田有希子のことを思い出して非常に複雑な気持ちになってしまうよね。

ある方がおっしゃっていた「当時のことをよく知らない子たちが無邪気にこの曲を歌うのを見るのはまた新たな苦しさを呼び起こす」というのもあいまって、まともにステージが見られない自分がいた。

彼女たちは何も悪くないんだけど、落ち着いて聴けなかった(申し訳ない)

ちょっと自分には耐性が無さ過ぎだった...

自転車でも当時の社屋(現場)である四谷四丁目大木戸ビル前は何度も通っていた。

ここで他所の批判とかはあまりしたくないのだけれど、自分が運営ならこの曲はデビュー曲では歌わせないと思う。

自分なら楽曲がマンネリ化した時の起爆剤として、もちろんいろいろな根回しや、この曲を歌う理由、ストーリーを作って歌わせる。

もしカバー曲をデビュー曲で歌わせるなら私なら松田聖子以外になかったと思う。

勝手なことを言っているけれど、そこがサンミュージックなら尚更ね。
 
 
●つりビットステージ

みーちゃん生誕と同じ紅白衣装で登場。

今日はあゆたんが体調不良で休演。

セットリスト

M01『恋愛戦線異常あり』
M02『爆釣御礼』
M03『真夏の天体観測』
M04『おさかな形キャンディー』
M05『ひまなつり』

ライブで盛り上がる曲からスタートして、タオル曲、そして真夏の天体観測。

上手くライブ向けの楽曲を集めて来た印象。

今回はメンバーのポジションは欠員モード(5人のポジションのうち1つを空きポジションにする)のではなく、4人ポジションでのパフォーマンスに見えた。

ちゃんあやのツイートにも「ダンスの立ち位置違ったの気づいたかな??」と書いてあった。

『爆釣御礼』のあゆたんソロはボーカル隊長のさくちんが代役を務めた。

『おさかな形キャンディー』のデュエットのあや&あゆは、あや&なつになっていた。

最後は季節ものということで『ひまなつり』。

この曲が『FISH ISLAND』『Go! Go!! Fishing』のような盛り上がりがあるかと言われると否だが、つりビットらしい曲という意味では良かったのかも知れない。

パフォーマンスとしては「あゆたんがいないステージってどんなだろう?」というのが今回の鑑賞テーマ。

さくちんがいないステージは記憶があるけれど、あゆたんがいないステージは見たことがなかったので。

結果は、4人のチームワークはとても良かったと感じた。

もちろん、これをもって「つりビット」と言っても遜色はない感じの素晴らしいチームワーク。

でも、推しという部分を置いておいても「踊れてる子がいる」という1ピースが欠けている印象はやはりあった。

個人的には、つりビットのステージと言うのはsora tob sakanaのようなきちんと揃ったパフォーマンスを求めて行くのではなく、センターには可愛いオーラが漂ってるちゃんあやがいて、その左にも可愛くて歌が上手いさくちんがいて、さらに左には笑顔が可愛いなつがいて、右の方を見ると全力でパフォーマンスしてるみーちゃんがいて、さらにその右にはフィジカル的にも大きくてパフォーマンスも大きいあゆたんがいる。

そういう多面的なメンバーが要所をきちんと押さえながらパフォーマンスをして、王道のアイドルソングを歌っているのがつりビットだと思うので、チームワークではどうしても補えない部分を持っているあゆたんが欠けていたのはやはり物足りなさを覚えずにはいられなかった。

これは恐らく自分が他のメンバーを推していても、同じことを思っただろう。

でも、もしこの4人で完璧なつりビットがもしできてしまったら、あゆたんの存在価値もなくなるわけで、その意味で完璧なものができなくて良かったという思いもある。

いずれにしても出演した4人はこれ以上にできることはなかったというレベルのパフォーマンスを見せてくれたことだけは間違いない。
 
 
●つりビット握手会

握手会の前に、今日のミッションである預かり物のお届けをスタッフに行う。

いつぞや(どこかの対バン)も見た気がするが、今日はいつもと違うマネージャーがいて、そのマネージャーが届け物を持っていた。

今日も早く帰る必要があったので、早めに握手会に参加。
 
 
なつ

最近、ツイッターにアップする画像が可愛い写真多いよね。ファンサイト立ち上げたから、画像いっぱいアップするのでよろしくね。

さく

この衣装可愛いよね。黒着てるさくちんも可愛いけど、赤も可愛い。→さく「この衣装で紅白出たい」

あや

今日はセンターで見てたよ~。そういえば髪切った感じに見えるけど?→あや「フィッシングショーの前に切ったんだ」→私「あう、その時気付かなくてごめん(笑)」

みずき

今日はメキシコからのプレゼントを届けに来たので→みずき「メキシコ?」→私「そうそうPikoPikoClubさん」→みずき「あー、あの誕生日の画像をくれた!」→私「手紙も預かったので一緒にいれてあるから」
 
 
こんな感じで握手会は終了。

今日はあゆたんがいなかったせいか、スラスラと会話ができた印象(なのでブログに会話が起こせた)。

実は最近メンバーと話すのがグダグダになっていたことを感じていて、どうもそれがあゆたんと話すことを考え過ぎてしまっていたことが原因かなと、そんなことも感じた。

そんな意味でのリカバリーというかリハビリな感じの握手会となった。
 
 
●イベントを終えて

本当は先週見たSiAM&POPTUNeあたりも見たかったんだけど、寝不足のせいかひどい頭痛だったし、ちょっと早く帰りたかった事情もあり、握手会が終わったら早々に会場を後にした。

今日はミッションもあったし、普段では見られないステージも見られたし、ちゃんあやも可愛かったし(というかステージではちゃんあやしか見てなかった)、結局主催がわからない微妙なイベントではあったけれど、楽しめたイベントだった。
PR

コメント

最新記事

(05/27)
(03/12)
(03/12)
(03/11)
(12/29)
(12/25)
(12/21)
(12/18)
(12/11)
(11/30)
(11/26)
(11/24)
(11/21)
(11/16)
(11/10)
(11/08)
(11/08)
(10/03)
(10/01)
(09/28)

プロフィール

HN:
せいじ
性別:
男性
自己紹介:
つりビット歴は在宅を含めると約2年半(『バニラな空』から)、現場歴は1年(『釣り銭はいらねぇぜ』から『Chuしたい』まで)。
アイドル(現場)歴はチェキッ娘(2000年)→48G(2010~2012年)→つりビット(2015年~)

Twitter(@p_chinfo)

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

忍者カウンター